安全への取り組み

■ 輸送の安全に関する基本的な方針

バスの輸送安全マネジメント
「バスの輸送安全マネジメント」に基づき、輸送の安全を確保するため、 全社員一丸となって以下のとおり取り組んでまいります。

年間事故防止目標として

(1) 安全確保の最優先がバス事業者の指名であることを深く認識し努力を尽くす
(2) 郵送の安全に関する法令及び関連する規定を遵守し厳正かつ忠実に職務を遂行する
(3) 常に輸送の安全に努め見直し改善します

全職員が安全輸送に取り組みました。
人身事故 0件  対物(接触)事故 1件
昨年より対物(接触)事故が少なかったが、事故0になるように気をひきしめていきたいと思っております。

令和2年度の輸送の安全に関する方針、有責事故発生状況、組織体制、指揮命令系統、取り組みなどの詳細は
「バスの輸送安全マネジメント」をご参照ください。

■ 平川観光の令和2年度安全目標

1.人身(車内人身事故を含む)事故の撲滅
2.対物(接触)事故の撲滅
3.回送時の油断による事故防止
4.健康並びに飲酒に起因する事故防止
5.運行中携帯電話禁止(イヤホン禁止)
6.車内事故防止

平川観光株式会社
代表取締役社長 平川 重夫

■ ドライバー一人一人の意識向上

安全講習

平川観光では、ドライバー一人一人の「安全意識」の維持向上に努めています。

・出発前、帰社後の、点呼、始業点検、身体の状態チェック。
・運行中の安全確保
・定期的な安全講習や安全運転実技講習。
・社員全員が顔を合わせての、業務改善の意見交換。
・整備士と連携した非常時の対応と整備の実技訓練。

など、全社員がお互いを支え合いながら取り組んでいます。

■ 併設工場での点検整備

平川モータース

平川観光では、車両の点検と整備にも余念がありません。

出発前と帰社時には、本社に併設された平川モータースの整備工場で、数多くの点検項目を確認していきます。
大型車両の車検整備にも対応するリフターなどの大型設備と、国家資格を持つ専門の整備士により、些細な故障や不具合の兆候も見逃さず、早め早めの修理をおこなっています。

さらに、ドライバーと整備士が、車両運行時に気がついた事や、感じた違和感を積極的に意見交換することで、不具合を未然に見つけ出し、常に万全の状態で走り出せる体制をつくり上げました。

ホーム貸切バス案内サービス案内安全への取り組み会社案内お問い合わせ